自身の収入があれば主婦でもアコムを利用することができます

貸金業法が2010年に改正されたことにより、カードローンの利用に関するルールは大きく変更されました。貸金業法の改正は過剰な融資による返済不能を防ぐことが目的であり、金融機関に対する罰則なども厳しくなったのですが、さらに借り入れを行う利用者に対しても制限が適用されるようになったのです。具体的には総量規制が導入され、年収の3分の1を超える借り入れは原則として認められなくなりました。総量規制により借り入れが認められる金額は最大で年収の3分の1までに限られますので、例えば年収が300万円の人の場合には100万円を超える借り入れを希望しても認められることはありません。また金融機関では申込者の年収を確認することが必要になりましたので、利用者が借り入れを申し込む際には年収を証明することができる書類を準備することが必要になったのです。

 

主婦でも配偶者貸付が利用できる場合があります

 

貸金業法に基づく総量規制により、収入が0円の人の場合には借り入れ限度額も0円となりますので、収入がない人の場合には原則として借り入れはできないということになりました。そのため働いていない専業主婦などが借り入れを利用することはできませんが、総量規制の例外として「配偶者貸し付け」という制度が法律により認められています。これはパートやアルバイトなどによる一定の収入がある主婦を対象とした制度であり、配偶者の年収と本人の年収を合算した金額による融資を受けることができるのです。ただし実際に利用する場合には「配偶者の同意書」と「配偶者の収入が証明できる書類」の提出が必要になります。利用限度額は夫婦の年収を合算した金額により設定されますので、夫婦での年収が300万円であれば、最大で100万円までの借り入れが認められるということになります。またある程度の収入があれば、主婦であっても自分自身の収入に基づいた借り入れを申し込むことができます。安定した一定以上の額の収入があれば配偶者の収入に頼らなくても、自分の名義で借り入れを申し込むことができるのです。

 

主婦がアコムに申し込むためのポイントをまとめてみました

 

以下の条件をクリアすることができれば、主婦であってもアコムで借り入れを行うことができます。具体的な条件は以下のとおりです。

 

  • パートやアルバイトなどによる安定した一定額の収入があること
  • 配偶者借り入れを申し込む場合には配偶者に安定した一定の収入があること
  • 配偶者借り入れに申し込む場合には配偶者の同意を得ていること

貸金業法が2010年に改正されたことにより、借り入れを申し込むための条件はかなり厳しくなっています。特に収入が少ない主婦の場合には、気軽に借り入れを申し込むことは難しいかもしれません。主婦がお金に困っているのであれば、まずはパートやアルバイトなどにより働くことを検討してみてください。そうすれば一定額の収入を得ることができますし、またアコムなどに借り入れを申し込む場合にも審査には通りやすくなるはずです。また貸金業法は消費者金融などの貸金業者を対象とした法律であるため、銀行には総量規制は適用されません。銀行系のカードローンの中には専業主婦でも利用できるものなどもあるようですから、主婦の場合にはアコムに限らず様々な金融機関の利用を検討してみることをおすすめします。

おすすめカードローンアコム


アコムアコムのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルG 4.7%〜18.0% 500万円 最大30日間

アコム